PAGE TOP

長期優良住宅 Long-life quality housing


フォレストホームの家は、国土交通省が定める
「長期優良住宅制度」の認定基準を標準仕様でクリア。
安心して長く住み続けられる家づくりをバックアップしています。 長期優良住宅とは 日本の住宅寿命を延ばすことを目的に、国が制定した制度。
9分野にわたって基準を設定し、すべてをクリアした家が長期優良住宅として認定されます。
認定されると、補助金交付や住宅ローン減税などのメリットを受けることができます。

長期優良住宅の認定基準

構造駆体の劣化対策、耐震性、維持管理・更新の容易性、可変性、バリアフリー性、省エネルギー性、居住環境、住戸面積、維持保全計画の9つの観点から、高い基準に適合した家だけが認定されます。

構造躯体等の劣化対策 数世代にわたり住宅の構造躯体が使用できること
※大規模地震力に対する変形を一定以下に抑制する措置を講じる。
耐震性 極めて稀に発生する地震に対し、継続利用のための改修の容易化を
図るため、損傷のレベルの低減を図ること。
※通常想定される維持管理条件下で、構造躯体の使用継続期間が少なくとも100年程度となる措置をとること。
維持管理・更新の容易性 構造躯体に比べて耐用年数が短い内装・設備について、維持管理
(清掃・点検・補修・更新)を容易に行うために必要な措置が講じられて
いること。
可変性 居住者のライフスタイルの変化などに応じて間取りの可変が可能な措置が講じられていること。
高齢者等対策 将来のバリアフリー改修に対応できるよう共用廊下等に必要なスペースが確保されていること。
省エネルギー性 必要な断熱性能等の省エネルギー性能が確保されていること。
居住環境 良好な景観の形成その他の地域における居住環境の維持及び向上に配慮されたものであること。
住戸面積 良好な居住水準を確保するために必要な規模を有すること。
維持保全計画 建築時から将来を見据えて、定期的な点検・補修等に関する計画が
策定されていること。

長期優良住宅のメリット

お問い合わせ
  • お電話のお問い合わせ
  • 0742-64-1515
  • メールでのお問い合わせ